*
*
トップページネットショップ施工例 | ファクトリー | お問い合わせ&ご注文アクセス&概要ブログ
*
*

こちらでは、アクアテラリウムの基本的な作り方をご紹介いたします。

*
* * * * *
* * *

Step_1.

ポンプ・フィルターの設置

ボトムフィルター(黒い板)を水槽の底に敷きます。 次に分水器のついた水中ポンプを接続します。
→ここがポイント!その1
→ここがポイント!その2
→ここがポイント!その3

*
*
* * *

Step_2.

流木の仮組み

流木を仮組みします。流木の数は自由ですが初心者の方は大きめの流木を選ばれると 楽に組むことが出来るでしょう。水の流れる場所を考えながら、イメージを膨らませます。
→ここがポイント!その4

*
*
* * *

Step_3.

底砂を敷き、流木の本組み

底砂をボトムフィルターの上に敷き、平らにします。 頭に描いたレイアウトをもとに流木を実際に組んでいきます。ここで、ポンプやパイプ類の接続をもう一度確認します。保温器具(ヒーターなど)を入れる場合、ここで入れておくと良いでしょう。実際に流木を組むとイメージが変わることがありますが、一番メインにしたい場所以外は植物のレイアウトで補修をしましょう。流木を組むだけで半日以上 かかる方がおられるそうです。

*
*
* * *

Step_4.

チューブの配管(水の分散)

水の流れをレイアウトします。 流木の先端にチューブをまわし、ビニタイなどで固定します。 水は上から下に落ちますので高い木のほうに設置するのがベストです 大まかな分散ができれば水を張ります。カルキは抜いてください。 水を実際に動かすと意外な水の動きに対応できないため 水をはった後も細かい部分配管をやり直します。
→ここがポイント!その5

*
*
* * *

Step_5.

コケの貼り付け、植物の植え付け

チューブの配管がうまくいけば完成は目の前!!たくさんの植物やコケを植えつけます。 自然を景色を想像して、大胆にどうぞ!!
→ここがポイント!その6

*
*
*
*
© 2007 AWAJIYA. all rights reserved.